お問い合せ
沿革

 横浜共立学園は、1871(明治4)年米国婦人一致外国伝道協会から派遣された3人の女性宣教師、プライン、クロスビ一、ピアソンによって設立されたアメリカン・ミッション・ホームを起源とする、プロテスタント・キリスト教による女子教育機関です。
 女性宣教師たちは、当時、人々にかえりみられることが少なかった女子の能力を高く評価し、全力を尽くして教育にあたりました。
 学園の教育の根底にあるもの、それは「ひとりの人聞を無条件に尊重し愛する」というキリスト教精神です。
 「主を畏れることは知恵のはじめ」(簸言1章7節)「心を尽くし、精神を尽くし、カを尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい」(ルカによる福音書10章27節) という聖書の言葉を根幹に据え、キリスト教に基づく価値観を基本にしています。
 一人ひとりが神に愛されていることを受けとめ、それに基づいて豊かな人間性を備え、隣人に仕え、世界の平和のために貢献する女性の育成を目指しています。

学園の歩み
1871(明治 4)年 米国婦人一致外国伝道協会より宣教師として派遣されたプライン、クロスビー、ピアソンが来日し、横浜山手48番に学園の前身であるアメリカン・ミッション・ホーム(亜米利加婦人教授所)を創立。女子教育および混血児養育を開始。
1872(明治 5)年 山手212番地(現在地)に移転。
校名を日本婦女英学校と改称。
1875(明治 8)年 校名を共立女学校と改称。
1881(明治14)年 ピアソン・偕成伝道女学校を設立。
1891(明治24)年 混血児養育施設を閉鎖。
1907(明治40)年 偕成伝道女学校を共立女子神学校と改称。
1923(大正12)年 関東大震災により共立女学校が全焼。
1931(昭和 6)年 創立60周年。W.ヴォーリズ設計の本校舎(現存)と体育館竣工。
1932(昭和 7)年 財団法人「横浜共立学園」設立。
1937(昭和12)年 米国婦人一致外国伝道協会より経済的に独立。
1943(昭和18)年 共立女子神学校、日本女子神学校へ合同。
1945(昭和20)年 戦災により校舎焼失、本校舎のみ残る。
1946(昭和21)年 私立学校における宗教教育、宗教儀式の回復。
1947(昭和22)年 学制改革により中学校を設置し、校名を横浜共立学園中学部と改称。
1948(昭和23)年 学制改革により高等学校を設置し、校名を横浜共立学園高等学部と改称。
1949(昭和24)年 東校舎(現旧東校舎)竣工。
1951(昭和26)年 私立学校法により学校法人に組織変更し、校名を横浜共立学園中学校、横浜共立学園高等学校と改称。創立80周年記念式。
1961(昭和36)年 創立90周年記念式。南校舎(現存)竣工。
1969(昭和44)年 体育館(現存)竣工。
1971(昭和46)年 創立100周年記念式。
1972(昭和47)年 山手214番館(旧スウェーデン領事館)を購入。
1981(昭和56)年 創立110周年記念式。
外人墓地に創立者クロスビーとピアソンの記念の墓標を設置。
1988(昭和63)年 本校舎が横浜市指定有形文化財第1号の指定を受ける。
1991(平成 3)年 創立120周年記念式。
「横浜共立学園120年の歩み」および写真集「横浜共立学園の120年」刊行、紀要創刊。
1992(平成 4)年 創立120周年記念特別教室棟(現東校舎)竣工。
1995(平成 7)年 創立120周年記念中学校校舎(現東校舎)竣工。
1997(平成 9)年 山手214番館(旧スウェーデン領事館)の保全改修。
1999(平成11)年 学校教育法の改正を機に中高一貫教育校(併設型)の認可を得る。
2001(平成13)年 創立130周年記念式。球技コート竣工。
2002(平成14)年 創立130周年記念として「開校五拾年史」「帝国における四半世紀」〈−ミッションの日本の歩み〉復刻。
2004(平成16)年 創立130周年記念「横浜共立学園資料集」刊行。
2011(平成23)年 創立140周年記念「横浜共立学園の140年」刊行。