お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況No.29(最終号)

    「創立150周年記念事業校舎等再整備計画」終了のご報告

 2021年度に創立150周年を迎えた学園は、その記念事業として校舎等再整備計画を進めて参りました。第1期工事では2018年3月に南校舎が竣工し、続く第2期工事では2019年7月に本校舎の大規模改修が終了しました。さらに、第3期工事として、西校舎の建築工事、グラウンド改修工事、その他外構の工事が進められておりました。
 長期にわたり工事が続いておりましたが、この度、2022年3月31日をもって第3期工事が完了し、校舎等再整備計画が終了しましたことをご報告いたします。
 当初予定していた新体育館の建築については、10年程度の間を置いて、再度計画する予定にしております。
 
 新しい西校舎には、地下2階にバスケットボールコート1面分の広さのある「多目的ホール1」などが入り、地下1階には集会などで200人を収容できる「多目的ホール2」などが入ります。そして、西校舎の上部まで既存グラウンドが拡張され、グラウンドは人工芝となりました。また、第1期工事から工事車両の専用出入口となっていた正門と正門から続くアプローチが再整備され、中学1年と高校1年の新入生は、正門をくぐっての新しい学園生活の始まりとなりました。
 皆様には、これまでの工事期間中の様々なご不便等に対し、ご理解とご協力をいただきましたことをあらためて感謝いたします。
 今後も施設・設備の充実とともに、より一層、教育の質の向上に力を注いで参りますので、よろしくお願い申し上げます。

 ご来校の際は、バス通り側の正門からお入りください。(朝と放課後の登下校の時間帯は、正門から校舎に沿って右手に回っていただき、高校通用門からお入りください。)

                         2022年4月8日
<写真上>正門
<写真中>西校舎(南西側の牛坂から撮影)
<写真下>グラウンドと西校舎の階段室(南側から撮影)