お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況(No.20)

 2016年6月8日の新校舎起工式から21カ月の工事期間を経て、2018年3月15日に無事、新校舎の竣工を迎えました。新しい学園の歴史と伝統を創造していく器として、相応しい校舎を完成させることができました。工事期間には、多くの方々のお祈りとご尽力をいただきましたこと、心から感謝いたします。
 とくに、学園の卒業生が新校舎の設計を担当してくださったことは、学園の歴史と伝統を引き継ぐ校舎を建築するにあたって、何より大きなことでした。
 竣工に先立って3月8日には、株式会社日本設計と株式会社安藤・間の関係者立会いのもと、定礎板の設置が行われました。定礎板の内側の定礎箱には、校章入りの聖書が1冊納められました。
 4月の新年度から新校舎の運用がはじまります。皆に愛され、慈しまれる校舎として、また、生徒の成長をあたたかく見守る校舎として、永く大切に使用されることを願ってやみません。

 完成した新校舎に入る主な諸室は次の通りです。
   4階 特別教室(3教室)
  3階 高2教室(4教室)、高1教室(4教室)
  2階 高3教室(4教室)、教員室、交流スペース(生徒と教員が使用)
  1階 事務室、校長室、保健室、進路センター、会議室
  地階 礼拝堂(1200席)

※写真(上から順)
 1.新しい高校通用門(撮影日 2018.3.15)
 2.玄関(撮影日2018.3.15)
 3.礼拝堂(撮影日2018.3.16)
 4.高校HR教室(撮影日2018.3.15)
 5.3階廊下(撮影日2018.3.15)

詳細はこちらから【443KB】