お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況(No.19)

 2月下旬になり、新校舎の外部工事が終了しました。これまで新校舎を覆っていた足場やシートがすべて取り除かれ、まるで蛹から羽化するように、アイボリー色のスタッコの外壁を身にまとった美しい新校舎の姿が現れました。
 北側の外壁は、本校舎からページをめくるように柔らかなカーブを描いて向かい合っています。
 東面と西面の外壁には校章が付けられ、一目見て共立学園の校舎であることがわかります。
 2月末現在、内部の最後の仕上げ工事が急ピッチで行われています。また、新校舎周りの外構工事や新しい高校通用門の工事等も、最後の仕上げの段階を迎えています。
 予定通り3月15日に竣工を迎え、4月の新しい年度からは、いよいよ新校舎の運用が開始されます。学内では、新校舎への移設準備や運用開始の準備が行われています。

※写真、上から順に
 1.南校舎3階講堂西側ロビーから撮影(撮影日 2018.2.15)
 2.正門向かい側から撮影(撮影日2018.2.15)
 3.東校舎1階廊下から撮影(撮影日2018.2.14)
 4.地蔵坂上方向から撮影(撮影日2018.2.24)

詳細はこちらから【443KB】