お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況(No.15)

 来年3月の新校舎竣工に向けて、工事は順調に進んでいます。
 4階建ての新校舎のうち、9月は3階部分の床や壁、柱等の鉄骨を組む配筋工事や、コンクリートを流し込むための型枠工事が行われました。また、2階部分の型枠にコンクリートを流し込む打設工事が行われました。【写真上(撮影日9/8)】【写真中(撮影日9/20)】
 10月に入り、3階の天井(4階の床)部分にFR板と呼ばれる板の設置が行われ【写真下(撮影日10/3)最上部の右側白い部分が設置途中のFR板】、10月中旬には3階部分の型枠にコンクリートを流し込む打設工事が行われる予定です。
 また、10月下旬には鉄骨造となる4階部分の鉄骨の柱や梁を組み上げる工事(鉄骨建方)が行われ、最上階の工事に入ります。(4階は校舎南西側のおよそ半分のみとなります。)
 新校舎の特長である北側外観のR曲面の輪郭が最上部まで立ち上がり、完成予想図にだんだんと近づいてきました。(完成予想図は下の詳しくはこちらからをご覧ください。)

詳細はこちらから【443KB】