お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況(No.14)

 7月の夏休みに入って、1階部分の壁や柱等の立ち上がりの鉄筋を組む配筋工事や、コンクリートを流し込むための型枠工事、コンクリートを流し込む打設工事が行われました。【写真上(撮影日7/24)】
 8月に入ってからは、2階の床の取付けおよびコンクリートの打設が終了し【写真中(撮影日8/23)】、9月4日現在、2階部分の壁や柱の配筋やコンクリートの型枠を作る工事が行われています。【写真下(撮影日9/1)】
 また、8月には、本校舎と東校舎を結ぶ渡り廊下の本校舎接続部分(2m程)を解体する工事も行われました。これは、新たに新校舎と本校舎を結ぶ渡り廊下を設置するためです。

 今後は、9月に3階部分の工事、10月に4階部分の工事というように、1ヵ月に1階のペースで上階に工事が進んでいく予定となっています。
 地下の工事や基礎工事は、じっくりと時間をかけて進められていましたが、現在は、刻一刻と変化していく工事の様子を教室や廊下の窓から見ることができます。

詳細はこちらから【443KB】