お問い合せ
インフォメーション

校舎等再整備計画進捗状況(No.11)

 鉄筋コンクリート造の新校舎地下1階の床板(スラブ)が、ほぼ完成しました。【写真上】
 地下1階の床板の下には、すでにクールピットと雨水貯水槽が完成しています。 
 クールピットは、地中の温度が年間を通してほぼ一定であることを利用して、外から取り入れた外気をクールピットに通すことで、夏は温度を下げ、冬は温度を上げるものです。このクールピットを通った空気は、地下1階新校舎内礼拝堂の空調として利用することになっています。
 また、雨水貯水槽に貯められた雨水は、新校舎トイレで再利用することになっています。
 新校舎地下の建築工事現場を上から覗くように、今年もきれいな桜が満開となりました。【写真下】
 来年は、新校舎と並んで咲く一層きれいな桜を見られることでしょう。

詳細はこちらから【443KB】